薬剤部

当院薬剤部は現在薬剤師8名で日々の業務を行っています。
当院で処方されたお薬を調剤することはもちろん、製剤業務、薬品管理、医薬品情報管理など、他にも表に出ない業務が多くありますのでご紹介します。

調剤

調剤のイメージ

年齢、体重にあった服用量か?服用回数、投薬日数に間違いはないか?相互作用のあるお薬の組み合わせはないか?など処方箋のチェックをしながら調剤します。また、錠剤の一包化、錠剤を飲めない患者さんのための錠剤粉砕化など特殊な調剤も行っています。

医師が診察室で入力したデータがオーダリングシステムによって薬剤部に送信され、処方せんが発行されます。薬剤部ではこの処方せんをもとに薬の内容・量・飲み方などをチェックし、疑問点があれば医師に確認した後に調剤を行っています。

院内製剤

院内製剤のイメージ

特殊な内容の軟膏薬、吸入薬、消毒薬など市販されてないお薬を製剤します。

注射セット

調剤業務と同じく処方箋に従い、入院患者さん一人一人の注射薬(点滴)をセットしています。また、お薬がいつも最適な状態で使用されるように、有効期限、温度管理、品質や在庫の管理を行っています。

抗がん剤の調製

抗がん剤の調製のイメージ

外来・入院患者さんで、がん化学療法を受けられている方の抗がん剤の投与量・投与スケジュールなどを毎回確認し、安全キャビネット内にて無菌的に調製を行っています。

がん化学療法において、治療内容を確認し医師・看護師と協力してレジメン(がん化学療法の治療スケジュール)の管理も行っています。

服薬指導

入院患者さんやご家族に対して、薬剤師がベットサイドに直接出向き、お薬の飲み方や使い方、効能、効果、副作用などを説明します。投薬されている全ての薬を管理(副作用、相互作用、重複投与などのチェック)することによってお薬の適正使用、患者さんへのサービス向上に努めています。

医薬品情報管理(DI:Drug Information)

医薬品情報管理のイメージ

医薬品の情報の収集、加工・評価、整理・分類・保管、および提供を行います。製薬企業や厚生省からの情報、学術雑誌や研究会の資料などを整理して保管し、医師や看護師、その他院外・内からの問い合わせに対して、それらの情報をもとに回答しています。また、毎月各部署に医薬品情報をのせた「DIニュース」を配布しています。

このページの先頭へ

  • 外来診察担当表
  • 採用情報 -私たちと一緒に働きませんか。詳しくはこちらをご覧ください。
  • 看護部のインターンシップのご案内。実際の仕事や雰囲気を体験。詳しくはこちらから。
  • 薬剤師採用サイト。詳しくはこちらから。
  • 薬剤師病院見学紹介外部WEBサイト。詳しくはこちらから。
  • JA新潟県厚生農業協同組合連合会