先輩の声

先輩たちの声

新人紹介

新人紹介

4月に入職し、手術室に配属されて1ヶ月が経ちました。初めの頃は自分に務まるだろうかと不安でしたが、手術室の師長、主任を始めとするベテランの先輩方、プリセプターさんに丁寧なご指導をいただくとともに、手術に関わる業務の経験から日々新しい学びを得ています。当初、看護学校で学んだ看護との違いに戸惑いもありましたが、患者さんがより安全・安楽に手術を受けるためには手術室看護師が知識、技術を磨くことが大切である事、それによって患者さんの負担や不安を軽減することができる事に気付きました。まだまだ至らないところばかりですが、これからも積極的に学び続け、1日も早く戦力になれるよう頑張りたいと思っています。

新人紹介

新人紹介

4月から3階病棟で勤務しています。3階病棟は受け持つ患者さんの人数が多いため、患者さんの状態や1日のスケジュールから優先順位を考えながら効率よく業務を遂行することが必要です。覚えることが多く大変な部分もありますが、3階病棟のスタッフの皆さんが丁寧に温かくサポートをしてくださるおかげで、少しずつできることが増えています。目の前の患者さんに出ている症状は疾患によるものなのか、薬、加齢によるものなのかなど、的確にアセスメントし患者さんに合ったケアを考え、その人らしさを尊重できる看護師になれるよう頑張りたいです。

新人紹介

新人紹介

4月から4階病棟に配属となりました。慣れない環境と日々新しい学びを得ていく中で大変なことも時にはありますが、病棟スタッフの皆さんから助言をいただき頑張っています。
不安なことばかりでしたが、少しずつ自信をもって実施できる看護技術や知識が増えてきました。疑問点や不安点があった時は相談し学べる環境が病棟には整っています。そのことに感謝し、自らの考えに自信をもって積極的に行動できる看護師になれるよう努力していきます。看護学生の頃に掲げた看護観を忘れずに、患者さんひとりひとりに寄り添った看護を提供できるように、これからも学び続けていきたいと思っています。

新人紹介

新人紹介

4月から5階病棟に配属となりました。5階病棟は地域包括ケア病棟で、急性期を終えて退院される患者さんや、最期を迎える患者さんが入院しています。初めての事が多く、緊張や戸惑いもありますが先輩方から丁寧にご指導いただき、できることが少しずつ増えてきています。これからも日々の学びや振り返りを大切にし、患者さんの安全を守り、安心される看護師になれるよう努力していきたいと思います。

新人紹介

新人紹介

4月から病棟で働いています。業務や処置など初めてのことばかりで毎日不安でいっぱいで、覚えることにも精一杯ですが、病棟スタッフの方々がいつも優しくご指導してくださるお陰で頑張ることが出来ています。まだまだ覚えなければいけばいけないことがありますが、様々な経験をし、学び続けることで出来ることを増やしていきたいです。また、相手の立場になって考えることで患者さんに寄り添い、安全に看護を行える看護師になりたいと思います。

新人紹介

新人紹介

4月に入職し、日々たくさんの経験をさせていただいています。まだまだ知識不足ではありますが、先輩方に支えていただきながら学びを深めています。患者さんと接していく中で、感謝の言葉や笑顔に励まされ、とてもやりがいを感じています。うまくいかない事もたくさんありますが、日々の振り返りや学びを忘れず、成長できるように頑張ります。スタッフの皆さんや患者様、ご家族とのコミュニケーションを大切にし、これからも学び続けていきたいです。

このページの先頭へ

専門分野で活躍する看護師

感染管理認定看護師 小柳浩子

2009年に感染管理認定看護師を取得し、現在、専従で活動をしています。病院にいるすべての人を感染から守るため、病院内で発生する感染に関する問題、感染防止の啓蒙などに取り組んでいます。専従で組織横断的に活動をする責任の重さもありますが、それ以上にやりがいを感じています。

感染管理認定看護師 小柳浩子

がん性疼痛看護認定看護師 藤本小夜子

がん性疼痛看護認定看護師 藤本小夜子

2014年に『がん性疼痛看護』認定資格を取得しました。

いまや2人に1人が、がんになるという時代を迎え、当院では日常生活の中で行えるがん予防から検診事業による早期発見、外科的手術、内科的療法、抗がん剤治療、緩和治療、在宅療養と病期に応じた医療と看護を提供させていただいております。

がんによって生じる『痛み』は、自覚される身体の不快症状だけでなく、気持ちの落ち込みといったこころの痛み、就業や家庭生活など社会で生きていく上での心配や不安、ご自分のこれまでの生き方を振り返り、これからどう生きていくかという大きな人生の命題を少なからず見つめ直すことで生じる悩みなど、様々なことを含みます。

患者さんはもちろんのこと、ご家族や周囲の方々が抱えるその苦痛を少しでも和らげられるようなケアをさせていただきたいと思っています。

緩和ケア認定看護師 角田典子

緩和ケア認定看護師 角田典子

2018年に緩和ケア認定看護師の資格を取得しました。

緩和ケアと聞くともう何もすることはないのではと不安に思うかもしれません。しかし、緩和ケアは症状を緩和して自分らしく生きることを考える分野です。病気を原因として引き起こされるいろいろな症状を「緩和」することで今を見つめなおすことができます。病気を抱える本人だけでなく家族も緩和ケアを受けることが必要です。病気を抱える本人はもちろんのこと、それを受け止める家族も苦痛を抱きます。様々な苦痛や不安を緩和することができるようお話を聞かせてもらえればと思っております。皆さんが抱える苦痛を医師、看護師を含めた様々なスタッフでサポートさせていただきます。

日本糖尿病療養指導士 長野泰子

糖尿病療養指導士は、糖尿病患者の療養指導に従事するコメディカルスタッフ(看護師、管理栄養士、薬剤師、臨床検査技師、理学療養士)が取得できる資格です。糖尿病の治療の目的は、良好な血糖コントロールを維持し、合併症の発症を予防することです。当院では、日本糖尿病療養指導士(CDEJ)5名、新潟県糖尿病療養指導士(NCDE)7名おり、医師をリーダーとし、各専門職の立場から、治療・療養指導を行っています。
主な活動として、糖尿病療養委員会で、糖尿病教室の企画・運営や糖尿病看護の質の向上を目指すため、研修会などの企画を行っています。また、通院・入院患者のそれぞれの病期に合わせ、個別に療養指導も行っています。

私は、2005年6月に日本糖尿病療養指導士の資格を取得しました。糖尿病療養指導チームの一員として、糖尿病患者の合併症出現・進行予防のために、微力ながら日々活動していますが、一人でも多くの患者様の自己管理能力を引き出し、糖尿病とうまく付き合っていくお手伝いができたらと思っています。

糖尿病療養指導士 長野泰子

日本糖尿病療養指導士 長野泰子

栄養サポートチーム専門療法士 愛川美輪

栄養サポートチーム専門療法士 愛川美輪

平成24年度にNST専門療法士(栄養サポートチーム専門療法士)という資格を取得しました。様々な理由で栄養が不足している患者さんに対して、医師、看護師、管理栄養士、薬剤師、臨床検査技師で構成されたチームで週一回、回診をしています。皆で意見を出し合って、患者さんにとって最適な栄養投与方法・内容を検討し主治医の先生への提案を行っています。

栄養状態が良好な状態であれば、病気の治りも早く入院期間が短縮できるといわれています。看護師としてより身近なところで患者さんや家族の話を聞き、患者さん、主治医、栄養サポートチームの意志の疎通がスムーズにいくよう仲介役を担っていきたいと思います。

NST専門療法士 愛川美輪

このページの先頭へ

  • 外来診察担当表
  • 採用情報 -私たちと一緒に働きませんか。詳しくはこちらをご覧ください。
  • 看護部のインターンシップのご案内。実際の仕事や雰囲気を体験。詳しくはこちらから。
  • 薬剤師採用サイト。詳しくはこちらから。
  • 薬剤師病院見学紹介外部WEBサイト。詳しくはこちらから。
  • JA新潟県厚生農業協同組合連合会